応急処置「RICE」をおぼえ、万が一のケガに備えよう!

起きないに越したことはありませんが、スポーツ活動にケガがつきものです。例えば、競技中の接触による打撲、足首の捻挫、運動後の膝痛などが挙げられます。ケガや痛みが出た際の初期対応の違いで、その後の痛みの大きさや回復スピードにも大きな差が出ます。万が一のケガに備え、対応を事前に知っておくと役立ちます!

 

■応急処置の基本は「RICE(ライス)」

 

 捻挫や打撲などの外傷が発生した場合の応急処置は、①Rest(休息)、②Icing(冷やす)、③Compression(圧迫する)、④Elevation(持ち上げる)のそれぞれの頭文字をとって「RICE(ライス)」と覚えることができます。それぞれについて詳しく説明していきましょう。

 

 

 

■①Rest(休息)

 

 ケガをした後も無理に運動を継続すると、ケガをした箇所をさらに悪化させる危険があります。運動を中断し、人とぶつからない安全なところで休みましょう。

 

 

アイシングは、ケガや酷使した箇所の損傷や痛みを和らげたり、腫れの除去を促進する効果があります。

 まず、スーパーの袋に二重にし、氷を67個と氷が隠れるくらいの高さまで水を入れ、袋から空気を抜き、入口をしばります。怪我した箇所の周辺も冷やせるよう、袋がなるべく平らに(表面積が大きく)なるように作りましょう。 薬局でアイシング用バックが1,0002,000円程度で売っているので、そちらを使うとより便利です

 

 

 

 アイシングは、115分程度までとし、1時間程度空けて、また15分冷やすというサイクルを、受傷後

 

4872時間は、できるだけ多く繰り返します。

 

 スーパーの袋を利用する場合は、ガーゼなどを1枚あて、その上から冷やしましょう。冷たくて我慢できない場合は、無理せず冷やすのを止めましょう。冷たすぎる状態で長時間冷やすと「凍傷」の危険があります。特に子どもは成人に比べて皮膚が薄いので、十分に注意してください

 

 そして、早めに医療機関を受診し、専門の医師の診察を受けましょう。次号では、「③Compression(圧迫する)」、「④Elevation(持ち上げる)」について説明いたします。お楽しみに。

 

 

 

あなたの最適プログラム&マンツーマン運動指導で
理想のカラダをつくる
パーソナルトレーニングジム「オーワン銀座」
~銀座一丁目・新富町・八丁堀・築地・京橋~

オーワン銀座

■所在地

 東京都中央区銀座1-27-10 グロースメゾン銀座(地図

 

■連絡先

 電 話 080-5880-0101

 メール info@csup.jp

 

■営業時間

平日    8:00~21:00(最終受付:20時)
土日・祝日 8:00~18:00(最終受付:17時)

プライベート型パーソナルトレーニングジム
オーワン銀座

銀座一丁目・新富町・八丁堀・京橋・築地・月島・豊洲・日本橋